Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

劇団

2016/04/06 「のぞみちゃん」

桜の季節ですね、のぞみです。

前回FF7のプレイ日記を載せさせて頂きました。
いや、これでも十夢で役者をやる人間です。
芝居の話をせい!と思った方も多いでしょう。

すみません。


なので、




今回も一生懸命語ります!!(え!




さて、前回アルテマという強力魔法でパーティを全滅させ、私を唖然とさせたちょいボス、ジェノバの恐ろしさを知った私は思いました。


強くなろう、と。(あれ?月光?)

個人のレベルを上げ、武器を強くし、魔法を極め、さらに考え、前回の対策としてアルテマに耐えられる体力のある人、回復魔法に強い人、物理攻撃の強い人をパーティにしました。

上を目指すなら反省と対策です。


さぁ!!

打倒ジェノバ!
お逢いしましょう、セフィロス!!



相変わらずさくさく進んでいきます、北の大空洞。
自己主張の激しい「J-E-N-O-V-A」が流れます。

ん〜〜、いい曲です。

そして、ジェノバと対峙します。

選ばれし3人がお相手をし、そりゃいい感じに攻撃を与えていきます。
前回と同様、触手2本を倒しあとは本体のみ!

高まる緊張の中、諦めずに攻撃を続けます。
今か今かとアルテマを待ち、攻撃を続けた故、



倒してしまいました。





アルテマ発動しないんかーい!

(゚-゚;)





唖然です!
アルテマ対策をしたのに、肝心のアルテマを発動されず唖然です!!
そんな唖然な私を差し置いて話は進みます。

目の前によく知る人影が現れます。

引き締まった体躯、すらっと伸びる長い腕、その手に握られた長刀がキラリと光ります。
銀色の長髪を揺らし、そのシュッとした顔立ちの、その空のような蒼い瞳と視線が絡むのです。


セフィロス!!!!


あぁ!!!イケメンのオーラがだだ漏れです!!
憎い、憎いよ大将!!!!

この人がラスボスです。
私はこの人を倒さなければなりません。
そういう宿命なんです。
…わかってます。わかってるんです。
倒さねばならないのです。
複雑な思いを胸に攻撃を開始して数分、


倒してしまいました。





ザコいんかぁーーいっ

(゚-゚;)(゚-゚;)!!





そのスピードにもう唖然!!
勝てるか勝てないかのあの臨場感がRPGなんです!!
苦戦することなく、とんとん拍子で倒してしまってはもう唖然が止まりません。
いや、なんですか、唖然が止まらないって。

強くなりすぎてしまいました!!笑


10年以上かけて、あっという間にエンディング。
ハッピーなバットなエンディングでした。
相変わらず暗いです(笑)

それにしてもエンディングの音楽にちょいちょい、んーー、と思ってしまいました。
急にパラッパラッパーか!!?と思いましたよ!!

やぁ〜、イケメンでした!!(そこ?



はい、練習内容です。

私は現在、明け天と月ぼくで音響をやらせて頂いています。
もう上手く曲入れが出来ないこと…。
こんちゃんの凄さを思い知りました。
こんちゃんって…凄いよね(2回目)

そもそもラジカセに慣れないのです。

音響練習で、曲入れのタイミングを確認します。
役者陣にはその前振りとなるセリフを話して頂きます。
前振りのセリフが入り、タイミングを合わせ再生。と、

曲の途中から再生しちゃうんです!!


もーう!!!と何度思ったことか。
たっしさんが、焦らなくていいからね、と声をかけてくれます。
いや、本当に申し訳ない。
ラジカセと仲良くなりたいんです。
もう切実です。


私にとって音楽はすっごく大切です。
だから音響のタイミングもすごく大切だと考えます。
お芝居は、ドラマや映画みたいな画面越しとは違うその場の空気があります。
役者もお客様もその空気に包まれると思うんです。

だからこそ、その空気を壊さず上手く入れたいのです。

本当は寸分の狂いなく入れられるようになりたいです。
でも、そんな完璧にならないことは知っています。
でもでも目標としては、空気を感じてタイミングを合わせ、役者とシンクロしていけ…たらいいなぁ〜と思います!


ありがたいことに役者さんは何度も付き合ってくれます。
きっかけのセリフを何度も言ってくれます。

明け天チームなんかある音楽を再生したら、踊ってくれます。
何度再生しても、何度も踊ります。
しずちゃん、せいかちゃんが何度も旗を振ります。

仕込まれてるな〜と思ったものです。(笑)


月僕ではセリフと曲の間奏を合わせるところがあります。
そこが上手くいかず何度も練習します。
たっしさんの役は全部を通して見ても色々と体力を使いますが、ここのシーンも例外ではありません。
相当キツいと思います。

でも、何度もやります。

結果、ヘロヘロになってますが、逆にそのヘロヘロ状態でのセリフが妙にリアルだったりもします(笑)


皆、今日も頑張っております!
私も今の役割をこなすのです。

まずはラジカセに名前でも付けようかと思います。(笑)


では、次の民さんのブログをお楽しみに!!
  • 2016.04.12 Tuesday
  • 18:49