Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

劇団

思い出その7「めぐみ」

こんにちは!十夢の河童さまことめぐみです!

今回は私が効果音として参加した二作を紹介します!

 

2016年5月29日「月は今日も僕を見ている」

2016年7月3日「明け方の月に天使は踊る」

です!

 

「月僕」の好きなシーンはゆきさん演じる優香とたっしさん演じる圭太がORANGE RANGEの「以心電信」の曲で踊るシーンです。

いつもキュンキュンしながら見てました!

 

効果音をやっていて一番心に残っているのは、圭太が倒れてしまうシーンです。

 

優香は幽霊で圭太には見えません。普段はゆかさん演じる麗樹を通して圭太に想いを伝えます。ですが圭太が倒れてしまった時、近くに麗樹はおらず2人きり。

 

優香は圭太の看病をしようとするのですがもちろん触れることは出来ず、でもどうしても助けてあげたく神様にお願いをするシーンです。

 

ここで効果音が入るのですが、演出に「優香の気持ちが伝わったら音入れて」と指示されました。

 

そう私はこの時、神様なのです!笑

 

でも優香はゆきさんです!しっかりやってくれます!

 

だけど私の「ゆきさんならもうちょっとやってくれる!」「もう少しみたい!」という欲求からちょっと意地悪してしまいました。笑

 

でも、きっと見に来てくれたお客様にも伝わったと思います!

 

「明け天」の方でもいろいろな音を入れていたのですが、やっていて好きだったシーンは「早口言葉」のシーンです。ハラハラしながら見てました。

 

印象的なシーンは、しんちゃん演じる勝治がうるっしーさん演じる高太郎に掴みかかって話すシーンです。(説明が大雑把ですいません。笑)

 

普段滑舌の悪いしんちゃんですが、彼には滑舌が悪くても伝える力を持っています。

滑舌が良ければもっと伝わるんでしょうけど。笑

 

それでも、しんちゃんは他の人が持っていない演技を見せてくれます。

 

そんなしんちゃん、今は新風革命で頑張ってるようです。

また一生懸命なしんちゃんのお芝居を見れるのを楽しみにしています!

 

最初は機械の使い方もわからず、初めての効果音で不安でいっぱいでした。
でもやってみると楽しくて、またやってみたいなと思います!

  • 2020.04.27 Monday
  • 21:26

Comment
Send Comment