Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

劇団

思い出その6「めぐみ」

こんにちは!十夢の河童さまことめぐみです!

前回に引き続き、10回公演の思い出を書いていきたいと思うのですが、ブログを読んで分かっている方もいらっしゃると思うのですが私、説明が下手なんです。笑

なので今回は思い出の写真と共に振り返ろうかと思います!

※写真は練習の時のものもあります。

 

まずはこちら、オープニングのアイドルシーンです。

わけあってマイクが下がってしまってます。

アンケートにも書かれてしまったので反省です。

 

2枚目は、何も言わず「陽炎(かぎろい)」に行ってしまった「玲亜」に声をかけるシーンです。

 

素直じゃない「琴音」の後ろで通訳する「胡桃」です。笑

 

これはたかさんのポーズが面白かったので載せます。笑

 

2幕の3人で戦うシーンです。

いい表情してますね!笑

 

「琴音ちゃんがいて、玲亜ちゃんがいて、3人で華紅弥様のお役に立てる。」

「二人のこと大好きだからね」みたいな台詞があったと思います。

私の好きなシーンです。

 

そしてなべちゃん演じる「緋巫佳」を説得するシーンです。

 

台詞の後、緋巫佳に手を差しのべるのですが、練習の際緊張なのか手が痺れてしまい、上手く広げられなかった思い出があります。

 

 

そして今まで、公演のたびにちょっとした失態がありました。

初舞台では、本番前に泣く

見上げればでは、直前に髪を切る。

 

そして今回、最大の失態です。

記念すべき公演にも関わらず、喉を潰してしまったのです。

前日のゲネから喉の様子がおかしく、終わる頃には声はガラガラ。

当日、治るわけもなく、なんとか喉スプレーや龍角散ダイレクトを用意。

舞台からはけるたびにスプレーしてました。

 

そしてなんとか本番を終え、お客様に「ハスキーボイスが個性的で良かったです」と言われました。

正直、複雑な気持ちでした。笑

 

なので歌唱シーンでは、元々音痴の自信の無さと声が枯れていたことからさらに自信がなくなりマイクが離れてしまったのです。

本当に反省です。

 

それから喉が潰れやすくなってしまったのですが、ケアをしながら二度とこのようなことがないようにしたいと思います!

 

次回のブログは私が初めて効果音をした作品です!

お楽しみに〜!

 

 

  • 2020.04.25 Saturday
  • 17:36

Comment
Send Comment