Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

劇団

伝えられないこの思い(笑)1「めぐみ」

こんにちは!十夢のカッパさまことめぐみです!

 

私は十夢に入ってから今年で6年目に入ります。

何年か経ち、スタッフをやってからか他の役者が演出されてる時に、「自分だったらこれくらい間をとる」とか「こう動いたらいいのに」と考えながら練習に参加するようになりました。

演出と思ってることが被ると、心の中で「よし!」と思いながら「私も多少なりとも方向性を理解できてるんだ」と自信になります。

でも実際に自分が役者として立つとなかなかできず、自分を客観的に見れてないんだなと思います。

今後の課題です。

 

今回も練習や通しを見て、思ったことは言うようにしてました。

ある日、近藤さんが「三上が不安」「台詞が早口になってる」「三上らしくない」ということで数人で三上についての話し合いをしました。

今まで近藤さんと相方をしたり、一緒に舞台に立っていても台詞の言い方のクセみたいなものはありますが、近藤さんがやる役で台詞の言い方など気になったことは一度もありませんでした。

その時、団長がいくつか挙げてくれたのですが、それでも私はピンと来ず、

でもそれは、私の中で「演出」=「完璧」という概念があったのです。

次の日、前日に近藤さんに言われたことを頭に通しのビデオを見ました。

全体的に気になる箇所は多々あったのですが、近藤さんのお芝居でも気になる箇所が。

でも前日挙げられていたところと違うし、1人の意見だし、と思いながらも近藤さんに伝えました。

「1人でもありがたい」と言ってくださったので伝えて良かったと思いました。

そしてまた通しをしたのですが、自分が気になってた箇所の台詞の言い方が変わっていた気がして、自分的には良くなっていたので更に嬉しかったです。

 

近藤さんの練習時間を割き、愚猿にたくさん時間を使わせてしまいました。

私たちはお芝居で返すことしか出来ません。

この舞台をより良くするため、近藤さんが気持ち良く殺陣が出きるよう、最後の最後まで足掻き続けます!

 

  • 2019.06.22 Saturday
  • 16:08

Comment
Send Comment